人、まち、自然。ふるさと日本、ありがとう。 日本維新の会参議院比例区第25支部長竹内栄一
トップページ  自己紹介  国をおもう 今までの活動  アジア・太平洋
交流フォーラムT
事務所案内  リンク集 
 
日本維新の会参議院比例区第25支部長竹内栄一
日本維新の会
参議院比例区 第25支部長
竹内栄一
竹内栄一事務所
〒221-0002
横浜市神奈川区松見町1-18-2-105
電話:045-423-2295
FAX:045-434-3224
E-mail arigatou@takeuchieiichi.jp
 
 
 
栄一雑事記
 
竹内栄一ブログ
 
アジア・太平洋交流フォーラムT (教育・環境・農業)
 
第5回 講演会

日時:平成21年10月21日(月)午後6時30分開会
会場:横浜駅西口 ホテルキヤメロツトジャパン(旧 ホテルリッチ)5階
          〒220・0004 横浜市西区北幸1-11-3 TELO45-312-2111

講演 『真の教育とは!』
講師‥戸塚ヨットスクール校長 戸塚 宏(とつかひろし) 先生

騒動から25年。紆余曲折を経て改めて考える教育のあり方。今回は、賛否両論、世間の逆風の中で児童教育に人生を賭ける戸塚校長にその胸の内をご披露いただきます。
講師紹介

1940年生まれ。1959年、名古屋大学工学部機械工学科入学。ヨット部に入部。主将として活躍。1965年国際ヨットレースに初参加。1976年、沖 縄海洋博記念「太平洋〜沖縄・単独横断レ−ス」にて、41日間という驚異的世界記録で優勝。

1976年、戸塚ヨットスクール開校。偶然入校した登校拒否児 が正常化。以後、登校拒否、家庭内 暴力、非行、無気力など、情緒障害児を対象としたヨット訓練で画期的成果を挙げ、約600人の子供達を更生。

この間、2件の死亡事故と2名の行方不明事件発生。1983年、戸塚校長とほぼ全員のコーチが逮捕。

1987年、「戸塚ヨットスクールを支援する 会」(石原慎太郎会長)が発足。1992年7月、名古屋地裁で「実質無罪」の判決(拘留期間よりも短い懲役3年で執行猶予付き)。検察、弁護側とも控訴。

2002年2月、最高裁が上告棄却を決 定。3月29白も全員収監。
竹内栄一事務所